デジタルトランスフォーメーションとは?

ビジネスの機敏性と顧客サービスを向上させる技術の活用方法

デジタルトランスフォーメーションとは?

デジタルトランスフォーメーション は、ビジネスのあらゆる面における技術の重要性の高まりに対処する、組織の活動、プロセス、能力の進化を包括する幅広い用語です。どの組織も最新技術を採用して 情報管理 エコシステムを拡張し、運用プロセスを改善することで、変革に向けてわずかに異なる道のりを歩んでいます。

デジタルトランスフォーメーションの単純な婉曲表現は、「ペーパーレスへの移行」ですが、デジタル化には紙文書から電子文書への変換以上のものが含まれます。デジタルトランスフォーメーションへの移行は、デジタルビジネスへの進化において重要な役割を果たす人やプロセスと技術を超えています。

デジタルトランスフォーメーションへの移行を開始する

情報とコンテンツをデジタル化した後、デジタルビジネスでのさらなる進化は、自動化と最適化が可能なビジネスプロセスの特定から始まります。

シンプルなプロセスと複数の統合を伴う複雑なプロセスでも プロセスの自動化 のメリットを得られます。運用上のニーズに優先順位を付け、それらのニーズに対応するデジタル戦略を策定することで、組織はプロセスの効率化と合理化を実現できます。

デジタルトランスフォーメーションのメリット

完全なデジタルトランスフォーメーションに必要な時間、労力、コストは相当なものですが、潜在的な利益は、それらをはるかに上回ります。ビジネスにとって最大のメリットは、次のとおりです。

  • 自動化したワークフローによる多くのプロセスのボトルネックの排除を含む効率性
  • ビジネスリーダーが詳細情報を得て決定を下す上で活用できる最新情報から生まれる洞察
  • 接続されたデバイスを介してどこからでも社内外のユーザーが利用できるデジタルプロセスによるアクセス性の向上
  • ユーザーのニーズとユーザーエクスペリエンスに重点を置いて最適化したツールとプラットフォームによって得られる顧客満足度
  • 生産性の向上、より良いビジネス上の意思決定、顧客の評価による利益

デジタルトランスフォーメーションへの移行をサポートするソリューション

エンタープライズ情報プラットフォーム はデジタルトランスフォーメーションへの進化において不可欠な役割を果たします。プラットフォームにネイティブに統合された エンタープライズコンテンツ管理(ECM) 、ビジネスプロセス管理(BPM)、 ケース管理 などの機能により、企業は生産性を向上させながらコストを削減できます。自動化した文書やデータの認識と転送などの機能により、運用効率と有効性が向上します。

一元管理されたエンタープライズ情報プラットフォームは、コンテンツ、プロセス、ケースの管理だけでなく、次の機能も提供します。

  • 部門間のコラボレーションと共有
  • 基幹業務システムとの統合
  • データのガバナンスと管理
  • モバイルアクセスとリモートアクセス

最終的に、エンタープライズ情報プラットフォームは、現在および将来の進化するデジタル環境への適応を支援します。

デジタルトランスフォーメーションとエンタープライズ情報プラットフォームのメリットについては こちら からお問い合わせください。