契約書管理とは?

契約書管理プロセスを最適化する方法

契約書管理とは、書面による契約(契約書)、特に業務提携、雇用、販売に関する契約書の取り扱いに関わる一連の活動のことです。契約書管理プロセスには、契約の交渉、作成、実行、サポート、分析だけでなく、契約関係の監視、問題への対応、契約の修正、契約関係者との協力による所定の目標達成が含まれます。

契約書管理 では、リスクを抑えながら、組織運営と財務パフォーマンスを向上させるように最適化する必要があります。契約の管理は、複数の関係者が関与し、時間のかかる多くのステップを伴うリソース集約型のビジネスプラクティスであるため、効果的な契約書管理ソリューションが必要です。

契約書管理プロセスの自動化

従来、印刷された文書は紙のフォルダにファイリングされ、保管キャビネットで保管されていたため、契約書は文字通り契約書管理者によって処理されていました。幸いなことに、契約書管理ソフトウェアは、何十ものプロセスを自動化し、数え切れないほどの工数を削減しました。

効果的な契約書管理ソリューションは、次によって契約書ライフサイクル管理を最適化します。

  • 契約書管理プロセスの全ステップを合理化
  • 予測可能なステップを自動化
  • 業務の進行に必要な情報やツールを提供

契約書管理ソリューションを備えたロバストなエンタープライズプロセス管理スイートにより、以下が可能です。

  • 契約書と関連データおよび文書をセキュアにキャプチャして保存
  • 契約担当者に関連情報と対応について360°の全体像を提供
  • レビュー、承認、実行のために契約書を転送
  • 電子署名をキャプチャ
  • 失効と自動更新を該当する当事者に通知

すべてを1か所で一元管理

契約書管理ソリューションのベストプラクティスとメリットについては こちら からお問い合せください。