自分の働き方でつながる


ユーザーは、恐らく多くの時間を複数のアプリケーションに費やしています。しかもお使いのデータがそれらを把握できなければなりません。ハイランドは、組織にとって重要なシステムやアプリケーションと統合することで、データフローを簡素化し、それに関連するタスクやアクティビティの自動化と標準化をサポートします。ハイランドソリューションを他のアプリケーションと統合することで、生産性が大幅に向上するだけでなく、エラーが減少しデータのセキュリティとコンプライアンスが向上します。

自分に合った統合

組織が最適な働き方をサポートするには、さまざまな連携が必要になります。そのため、ハイランドでは、幅広いオプションを用意しています。

  • 事前事に構築されたコネクタ: 一般的な生産性ツールやエンタープライズアプリケーションとハイランドのソリューションを簡単に連携できます。
  • 統合サーバー: APIへのプログラミングやエラーが発生しやすいフラットファイルのデータ交換に依存することなく、お客様のハイランドプラットフォームとコアシステム間のデータ交換を瞬時に保証します。
  • Webサービス: 別のアプリケーションがハイランドプラットフォームからデータにアクセスする簡単な方法を提供します。
  • 画面レベルの統合: 関連するハイランドプラットフォームの文書や操作に、他のアプリケーションウィンドウから直接アクセスできます。
  • API統合: 業界標準のプログラミング言語とプロトコルを使用して、ハイランドプラットフォームとの独自の統合を柔軟に作成できます。

エコシステムの一部

効果的な統合とは、ユーザーがハイランドプラットフォームのデータにアクセスできるようにすることだけではありません。それはまた、ハイランドがテクノロジーのエコシステムの一部となり、そのエコシステムを強化することで、ユーザーとコアアプリケーションとの相互作用を、より生産的で、関連性が高く、直感的なものにすることでもあります。こうした例に限りはありませんが、ここにいくつか紹介します:

  • Salesforce統合 では、既存のアプリケーションにコンテンツビューアが埋め込まれています。
  • Microsoft Office統合では、既存のアプリケーションの機能を活用して、ハイランドプラットフォームでコンテンツを処理または編集します。
  • Iron Mountain Policy Center統合 では、サードパーティのサービスやアプリケーションに接続して、コンテンツ関連のプロセスを自動化したり強化したりします。