拡張可能なコンテンツサービス・プラットフォーム

業界をリードする機能でITエコシステムを強化

組織は動き続け、ソリューションの要件や優先順位は常に変化しています。このことから、ハイランドでは、お客様の組織に最適なテクノロジーを設定、拡張、組み込み、統合できる柔軟性を提供しています。

働き方に適合するプラットフォーム

ハイランドプラットフォームは、強力な機能を自由に使える堅牢なコンテンツサービス・プラットフォームです。ユーザーが直接ハイランドソリューションを使用する場合でも、他のアプリケーションを介してハイランドの技術を活用する場合でも、弊社の目標は、お客様のソリューションを適切に適合させるためのツールを提供することです。結局、お客様のニーズを理解するのは、お客様以外にいません。従って1つのソリューションがすべてに適合することはないのです。

  • 直感的な構成コントロールでは、管理者は新しい要件に合わせてソリューションの機能を調整したり拡張したりできます。
  • ローコード高速アプリケーション開発(RAD)では、ハイランドプラットフォームを使用して独自のアプリケーションを設定でき、他のシステムへの事前構築済みの統合から、組み込みのコンテンツサービス機能まで、ハイランドプラットフォームが提供するすべての機能を利用できます。
  • マネージドクラウドの導入では、コストのかかる永続的なインフラストラクチャに投資することなく、さまざまなビジネスニーズに容易に対応できるようにソリューションを拡張できます。
  • 部門に特化したソリューションでは、共通する1つのプラットフォームを使用して組織の新しい領域を容易に実現できます。

    価値の拡大

    ハイランドコンテンツサービス・プラットフォームの最大のメリットの1つは、他の主要なシステムと連携するように設計されているため、情報がリポジトリのサイロに閉じ込められることなく、ビジネスプロセスに積極的に価値を追加できることです。ハイランドでは、コンテンツサービスを他のアプリケーションに拡張するための複数のオプションが用意されています。それには、以下が含まれます:

  • 事前事に構築されたコネクタ:一般的な生産性ツールやエンタープライズアプリケーションとハイランドのソリューションを簡単に連携できます。
  • 統合サーバー: APIへのプログラミングを必要とせずに、ハイランドソリューションとコアシステムの間で瞬時に信頼性の高いデータ交換が実現します。
  • Webサービス:別のアプリケーションがハイランドプラットフォームからデータにアクセスする簡単な方法を提供します。
  • • アプリケーションプログラミングインターフェース(API):は、業界標準のプログラミング言語やプロトコルを使用して、ハイランドとの独自の統合を構築する柔軟性を提供します。
  • ソフトウェア開発キット(SDK):自社のアプリケーションにハイランドの機能を組み込むことができ、ユーザーが必要とするリッチなコンテンツ管理機能にアクセスできるようになります。