データセキュリティ

コンテンツサービスのセキュリティ保護は、ボルトオン機能を超えています。

組織が収集、処理、管理するデータがますます危険にさらされている状況では、データのセキュリティをお客様と同じく真剣に考えるテクノロジーパートナーが必要です。ハイランドは、ソリューションに堅牢なセキュリティ機能を提供するだけでなく、セキュアな開発ライフサイクルの方法論に従って、ソフトウェアが最初からデータセキュリティを考慮して設計されていることを保証します。

データライフサイクル全体のセキュリティ

データセキュリティは、1回だけ、または1カ所だけで実行されるものではありません。そのため、ハイランドでは、セキュリティ機能とガイドラインの両方を提供して、組織がデータを入手した瞬間から、そのデータを維持する必要がある限り保護できるようにしています。

  • キャプチャ時のデータ分類により、セキュリティ、アクセス、保存に関するポリシーを新しい文書に自動的に適用します。
  • バージョン管理 は、防御可能なデータ処理と保持に不可欠であり、eDiscovery中に適切なバージョンの文書を処理・作成できるようにします。
  • 自動化された記録管理と保有管理 により、文書の記録としての宣言、保留の設定、自動削除やアーカイブなど、保有タスクを実行するプロセスを自動化。これにより、データ漏洩のリスクを軽減します。
  • データのマスキングと伏字により、ビジネスルールに基づいて、文書内の個人情報または機密情報を自動的にマスキングします。
  • ワークフローの自動化システム統合 により、情報の流れを自動化し、人間の手による操作を減少してセキュリティ、速度、精度を向上します。
  • ケース管理により、データ処理プロセスを標準化し可視性と説明責任を提供します。
  • データ暗号化により、保存中、転送中、または使用中のデータを保護するレイヤーを追加し、データが漏洩した場合でも、攻撃者によるデータ使用は不可能になります。
  • 役割に従ったアクセス管理 グループポリシー により、管理者はユーザーの役割や企業ポリシーに基づいて情報へのアクセスを微調整できます。
  • パスワードセキュリティポリシー非アクティブタイムアウト を設定し、ユーザーが強力なパスワードを選択し、端末から離れるときの機密データを誤った公開をされないようにします。
  • 冗長設定 により、事業継続性と災害復旧プログラムをサポートし、自然災害だけでなくランサムウェアやDDoS攻撃の影響を軽減または緩和します。
  • クラウド導入により、高度なデータ保護、継続的な監視、物理的なデータセンターのセキュリティを実現します。

ハイランドソリューションの枠を超えたセキュリティの拡張

お客様のビジネスデータは、ハイランドソリューションだけでなく、組織内の多数のシステムやアプリケーションにも存在します。そのため、ハイランドリポジトリ外のデータセキュリティを向上させるツールも提供しています。以下は、いくつかの例です。

 

  • データ検出ツール を使用すると、他のアプリケーション、ファイル共有、Eメールの添付ファイル、クラウドストレージなどを監視して、許可されていない機密情報や個人を特定できる情報がないか確認できます。
  • コラボレーションと共有ツール は、セキュリティとコントロールを損なうことなく、社内外のユーザーが必要とするファイル共有およびコラボレーション機能を提供します。

ハイランドによるデータセキュリティの向上について確認する