ハイランドクラウドの災害復旧

災害は起こります。

激変する天候から人為的な大災害まで、ミッションクリティカルなビジネスコンテンツやデータに悪影響を与える出来事が多く発生します。特に、しっかりした事業継続計画を立てずに業務を行っている場合は、事業の原動力となる貴重な情報も脆弱になってしまいます。積極的な災害復旧プロトコルを含む事業継続計画は、重要なデータへの可能な限り迅速かつ完全なアクセスの回復を企業に保証します。

事業継続性とは?

事業継続とは、重要な情報へのアクセスに悪影響を及ぼす可能性のあるあらゆる状況を考慮することです。事業継続計画は、外部または内部の潜在的な脅威を調査し、そのような出来事の発生後の対応を示します。用意周到な企業は、災害が発生する前に事業継続計画を策定します。デューデリジェンスが最も重要な事項を理解する上で役立ちます。

  • プロセス
  • システム
  • 重要なサービス

確実な事業継続計画を立てることで、不測の事態に備えることができます。

災害復旧計画

災害復旧計画の目的は、事業継続計画で事前に特定された重要なプロセス、システム、サービスを復旧させることです。システムを再稼働させて、関係者にサービスを提供するために必要な重要データにアクセスできるようにすることに重点を置きます。また、災害による経済的な損害を抑えることもできます。

適切に考えられた災害復旧計画の実行は、効果的な事業継続の要です。しかし、その計画が、オンプレミスのサーバーやデータストレージへのアクセスと、それらを管理するための必要な人員に依存している場合、すべての思惑が外れてしまう場合があります。自社ではコントロールできないことが多くあります。

オンプレミスのコンテンツサービスに依存した災害復旧は特に脆弱です

ハイランドクラウドの災害復旧サポート

ハイランドクラウドのすべてのソリューションには、戦略的な災害復旧が含まれています。つまり、ハイランドがクラウドで提供するコンテンツサービスは、事業継続計画内の災害復旧分野を取り扱います。ハイランドクラウドの災害復旧計画は、ハイランドクラウドのいずれかのホスティング施設で災害が発生した場合、クラウドサービスチームが混乱を最小限に抑え、厳格なサービスレベル合意を満たすためのものです。

この計画では、お客様が依存しているサービスやデータソースを特定し、ビジネスニーズに応じて優先順位を付けます。また、以下のような、起こり得る破滅的な状況を軽減するための方法も明記されています。

  • 防災
  • データ損失の回避
  • システムコンポーネントの継続的な監視

ハイランドの災害復旧には、通常のサービス運用の再開を推進しながら、中断されたサービスとデータを優先的に復旧することも含まれます。この計画は継続的に検証され、常に正確で実行可能なものとなっています。

事業継続計画にクラウドがいかに不可欠であるか確認する