ハイランドクラウドのレジリエンス

信頼性、可用性、レジリエンスに優れたクラウドプラットフォームでビジネスを継続

コンテンツサービスにクラウドを利用するという決定は、単に革新的なテクノロジーを採用するということだけではありません。それは、昔から変わらない際立ったビジネスへのこだわりの1つでもあり、またオペレーショナルレジリエンスが必要となることでもあります。

変化が激しければ再調整し、変化がなければビジネスチャンスを活かすというどちらの場合にせよ、卓越したビジネスとは、どのような未来にも対応できるリーダーシップと先見性を持つことです。

ハイランドクラウドを使用することで、お客様の組織とそのコンテンツの未来への対応が加速します。

ハイランドクラウドは、最先端のテクノロジーとクラス最高のリソースを活用し、ハイランドのお客様に、コンテンツサービス向けの信頼性、可用性、レジリエンスの高いクラウドインフラストラクチャを提供します。

99.99%のデータ可用性

この数字は、保証だけでなく優れた記録を物語っています。2004年以来、ハイランドクラウドは平均99.99%の稼働率でお客様のあらゆるコンテンツへのアクセスを可能にしてきました。これは、可用性が高く、N+1の冗長インフラストラクチャと、以下のような運用プロセスで実現されます。

  • フェールオーバー演習
  • レプリケーション
  • インシデント対応プロトコル
  • リソース使用状況の監視

 

災害復旧におけるフェイルセーフ 

ハイランドクラウドの災害復旧プロトコルは、過去の99.99%の稼働率の一部で、以下のような契約上の責任も含まれています。

  • 1時間の目標復旧地点(RPO)
  • 4時間の目標復旧時点(RTO)
  • 高可用性
  • N+1の冗長性とレプリケーション手法

 

地理的な分散によるデータの冗長化

ハイランドクラウドは、4つの大陸にまたがって世界中に広がっています。お客様が選択した現在14カ所ある地理的に分散したデータセンターのうち、2カ所にお客様データの3つのコピーを安全に保管しています。そのため、1カ所で障害が発生しても、リアルタイムで迅速に対応します。しかも、必要に応じた完全なフェールオーバー機能を備えています。3つのコピーには、次のような役割があります。

  • 1次コピー:使用中のオリジナルデータ
  • 2次コピー:1次コピーのミラーイメージで、同じデータセンターに保管されており、オリジナルのコピーが危険にさらされた場合には、このライブで複製されたデータを利用できます。
  • 3次コピー:セカンダリーデータセンターで複製されたデータ

さらに、ハイランドクラウドのお客様は、データを保存する国や地域を契約で決定できます。 

歴史的に強靭なクラウドリーダー

ハイランドクラウドは2003年に発売され、卓越した革新性を誇っています。ハイランドクラウドは、ハイランドコンテンツサービスプラットフォームをホストするためにカスタム設計されています。クラス最高のクラウド展開を何年もの間ではなく、競合他社よりも長い年月をかけて市場をリードしてきました。それは、数字が多くを物語っています。

  • 42カ国で1,365社以上のハイランドクラウドのお客様
  • 10ペタバイト以上のデータ
  • 毎月6000万回以上ログインする120万人のクラウドユーザー
  • 過去99.99%のデータ可用性

ハイランドクラウドは、2004年以来、99.99%の稼働率を誇っています。

Hyland.com/Cloudを確認する