Civista Bank

Civista Bank

成長著しい金融企業がプロセスをデジタル化し、機能とお客様サービスの継続的な改善を実現。

Watch the video

課題

1884年創立のCivista Bankには、オハイオ州の企業、ファミリー、消費者の財政上の問題解決にあたってきた長い歴史があります。銀行の歴史を通じて一貫していることは、地方銀行の特長である集中した個人的なお客様サービスの提供に専念する強いリーダーシップです。

2013年、Civista Bankは急速な組織成長を経験し、資産が10億ドルに近づいていました。紙文書の検索、顧客との電話連絡、 スプレッドシート内のプロセスステップの追跡に追われていました。 同銀行の指導者は、完全に紙ベースのプロセスでは、Civista Bankの継続的な成長や際立ったサービスの提供に対応できないとすぐに理解しました。

ソリューション

Civista Bankの商業貸付事業は、プロセスの合理化における主要な推進力でした。OnBaseを導入する前、Civista Bankでは、大量の紙文書を保管するため、金庫内の部屋を使用していました。特定の紙文書を検索するにあたっては、バックオフィスに依頼を送信していました。お客様は、貸付担当者に留守電を残していたにも関わらず、多くの場合折返しの電話を待つばかりでした。

AVP/プロジェクトマネージャーであるPushma Vasilevski氏は、チームの優先事項は、商業貸付プロセスフロー全体をイメージングを超えて自動 化するソリューションを見つけることでした。「OnBaseは、すぐにお気に入りになりました。これまでの経験から、柔軟性こそがCivista のニーズに合ったソフトウェアの構築には柔軟性が不可欠だと分かっていました」とVasilevski氏が説明します。

私達のビジネスは、人間関係を重んじるビジネスです。組織が大きく広範囲になるにつれ、お客様の質問に直ちに回答するという信用組合の良さを維持することが難しくなっていましたが、従業員の業務を変えたOnBaseが提供するメリットについて従業員は繰り返し評価しています

Civista Bank
Executive Vice President/Chief Operating Officer 
Rich Dutton氏

Civistaにとって商業貸付は、まだ開始点についたばかりでした。OnBaseの導入を決定した直後、Vasilevski氏とチームは、ソリューションの可能性が信用組合のあらゆる業務を含め、商業貸付を超えるものだと理解しました。

コミュニケーションの障害を排除

ハイランドのエキスパートは、信用組合が最も必要とした改善の一つを迅速に提供できるよう、実装計画の進展において、Civista Bankのプロジェクトリーダーを支援しました。プロジェクトの第一段階で、Civista Bankの消費者向け貸付、商業貸付、リテールバンキング、プライベートバンキングは、情報や文書へのアクセスを迅速化しました。

今では、信用組合の従業員は、お客様の電話に出ながら文書を引き出すことができます。「取引の流動性が高まりました。お客様の電話を切って折返し電話する必要はありません。OnBaseで文書にアクセスでき、多くの時間を節約できます」とAVP of commercial lendingであるPaul Koch氏が語っています。

ワンストップショップ

クレジットアナリストのNick Lublow氏は、OnBaseのメリットは、情報検索をはるかに超えるものだと述べています。 OnBaseの電子ワークフローツールを活用することで、プロジェクトパイプラインに重要な可視性が得られます。「OnBaseを日常的に使用しています。その日に行う業務が分かり、実際の業務文書にアクセスできるなど、OnBaseはワンストップストアです。

従業員は、自動化したワークフローを使用して、締切や目標を設定することもできます。また、どこにボトルネックがあるか明確に分かることで、経営陣が問題に対するタイムリーな解決策を見出してプロセスを進行させることができます。

OnBaseは、Civistaの基幹 Jack Henryシステムとも連携します。SVP Strategic InitiativesであるDeb Kline氏によれば、リテールバンキングの従業員は、OnBaseを激賞する評価をしています。今では担当者は、お客様ID、貸付番号、またはアカウント番号をクリックすると運転免許証、署名カード、その他の重要な情報にアクセスできます。

OnBaseの優位性

  • いつでもどこからでも必要な文書や情報へのアクセスを即時に提供 :従業員のノートパソコン、デスクトップコンピューター、タブレットから直接デジタル化したコンテンツへのアクセスを取得できます。
  • お客様サービスの向上支援: お客様は、質問への回答をより速く受け取り、送金、資金振替やローン状況の更新などの必要なサービスを簡単かつ容易に受けられます。
  • リスクを軽減しコンプライアンスを向上: 情報を抽出、アクセス、保管する方法をより正確かつセキュアにすることで、エラーを起こす可能性を減少させ、信用組合の従業員と外部監査人の双方がコンプライアンスに必要な情報にセキュアにオンラインでアクセスできるようにします。
  • 企業全体に拡張: 当初、商業貸付業務に集中していたCivista Bankでは、すぐにOnBaseがすべての業務において一元管理された情報への迅速なアクセスを従業員に提供することを理解しました。