ハイランドRPA機能

エンドツーエンドの自動化に必要なあらゆるツール

現代組織のデジタルトランスフォーメーションにおいて、インテリジェントオートメーションの拡大は最優先すべき取り組みです。そうしたニーズを満たすソリューションを探し続けているのであれば、その必要はもうありません。
その答えは、ロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)です。

ハイランドRPAは、RPAテクノロジーの可能性を最大限に活用するために組織が必要とするすべてを備えた、包括的なRPAスイートを提供します。スイートと呼ぶ理由は、ハイランドRPAには、自動化を可能な限りスムーズかつ効率的に実行する一連のツールが含まれているためです。ハイランドRPAはこれらのツールを提供して、ロボティック・プロセス・オートメーションにおける重要な4つのステップをすべて簡素化します。

RPAソリューションの4つの重要機能

分析:ハイランドRPAアナリスト

オートメーション構築の第一ステップでは、プロセスをステップごとに分解します。ハイランドRPAアナリストは、業務プロセスのステップを自動的にキャプチャして包括的な文書にまとめます。ここでは、ユーザーとマシン間のあらゆるインタラクション(クリック、書き込み、読み取り、認知的判断などのアクション)と、それらに関連するアプリケーションが説明されています。そのため、予備知識のないユーザーでも、指示書やプロセス図、そして最も重要なハイランドRPA向けの事前構築された自動化ワークフローを素早く作成できます。

ビルド:ハイランドRPAデザイナ

プロセスを細かく検討した上で、ハイランドRPAデザイナは、ローコード、ドラッグアンドドロップのツールを使用してボットを設定し、組織が望む自動化を構築します。自動化を微調整するプロセスパラメータが含まれているため、可能な限り効率的な自動化を実現できます。

さらに、「構築」ステップをシンプルにする場合は、ハイランドRPAアナリストで作成された設定済みのワークフローをインポートできます。そうすることで、システムに必要なのは何かが正確に伝わり、手動でのプロセスマッピングの必要性が排除されます。

実行:ハイランドRPAコンダクタ

ボットを設定し、自動化を構築すると、いよいよ実行に移します。ハイランドRPAコンダクタを使用すると、組織は個々のプロセスニーズに合わせて、無人、有人、ハイブリッドのボットを簡単に編成できます。ハイランドRPAコンダクタは、拡張性と最適なリソース利用を念頭に置いて構築されています。独自のタスク「プル」機能を使用して、システムがタスクを完了したボットを自動的に識別し、すぐに再割り当てを行います。これにより、構築したすべてのボットを最大限に活用できます。

管理:ハイランドRPAマネージャ

ボットや自動化が機能していても、組織の計画や優先順位が変わることがあります。ハイランドRPAマネージャでは、リアルタイムのダッシュボードでボットを簡単かつ効果的に管理できます。その結果、ニーズの変化に応じて、一箇所で直感的に自動化を開始、停止、変更、追加できます。また、どのようなプロセスでもレポートを作成でき、最新情報に基づいた意思決定が可能になります。