インテリジェントキャプチャプロセスのメリット

Brainwareインテリジェントキャプチャは、入ってくるコンテンツや文書から、組織にとって重要なデータを基幹システムやアプリケーションに迅速に取り込みます。情報をすぐに利用できるため、従業員は、サービスを提供する人々や顧客に優れたエクスペリエンスを提供できます。

Brainwareは、従業員が常に最も正確なデータで作業できるようにし、ビジネスプロセス全体での手動のタッチポイントを最小限に抑えることで、以下を可能にする競争力を提供します。

  • 即時に見える形でコスト削減を実現: 手作業による文書作成やデータ入力に伴う人件費を削減すると同時に、紙文書の保管や取り扱いに伴うコストを削減します。
  • 重要なビジネスプロセスのスピードを向上: 基幹システムへのデータの取り込みを高速化することで、意思決定を加速して、組織全体の効率化目標を達成します。
  • 労働力の最適化: ナレッジワーカーの生産性を向上させ、手作業から価値の高いタスクに移行させます。スタッフがお客様や業者と接する時間を増やし、より正確な情報をすぐに入手できるようにすることで、サービスを向上させます。

 

使用方法

文書やデータキャプチャプロセスの全機能を利用する場合、単に画像ファイルからデータを「読み取る」だけではなく、それ以上のテクノロジーが必要です。Brainwareでは、まさにそれが可能です。Brainwareは、文書の情報を理解し、タスクを自動化し、各文書を一連のステップで実行することで、エンドツーエンドのプロセスの精度を向上させます。

1. 分類

キャプチャプロセスの最初のステップは、受信した文書を識別して並べ替えることです。ページ上でどのようなデータを探せばいいのか、または文書をどこに送信してさらに処理やレビューができるのかを理解する前に、その文書が何であるかを理解する必要があります。

Brainwareは、文書の分類にさまざまな方法を用いていますが、その根底には、人間並みにページを読める知性エンジンがあります。コンテンツのパターンを識別し、さまざまなタイプの文書のレイアウトを理解する能力を有しています。

異なるタイプの文書の処理を続行し、それらを比較して、それぞれのタイプに特有の特徴をより適切に定義します。このソフトウェアは、文書の小さなサブセットを参照するだけで、どの特定のタイプを一意に分類できるかを理解します。これにより、その分類を一般化し、ページ上での単語の出現、色空間の分離、画像の分類など、より多くのバリエーションに適用できます。

2. 抽出

文書のキャプチャと分類の後、Brainwareは、機械印刷の値、手書きの値、またはバーコードの値など、重要な情報を自動に、かつ正確に抽出します。これを実行するため、Brainwareデータキャプチャは、次のテクノロジーを活用しています。

  • 光学式文字認識(OCR): 機械印刷や手書きの文字を抽出します。
  • 光学マーク認識(OMR): 選択肢の一覧からの選択範囲の決定に使用します (チェックボックスや塗りつぶされた円など)。
  • バーコード認識 (BCR) 文書上のバーコードからのデータ抽出に使用します。

3. 検証

データは、後々のコストのかかるミスを防ぐため、システムに取り込まれた瞬間から正確さが求められます。しかし、スタッフがシステム間を行き来して関連する情報を手作業で確認することは、時間とコストの浪費につながります。
Brainwareは、文書から情報を抽出し、抽出データの精度を確保する方法を提供します。

  • データのフォーマットを使用して、抽出されたデータの有効性(日付や識別番号など)をフィールドごとに簡単に設定できるルールで理解します。
  • また、関数やビジネスプロセスに従って設定された他のルールを実行します。
  • 抽出した値を他のシステムやデータベースに既に存在する値と一致させます。
  • フォールトトレラント検索と呼ばれる知性を活用して、バックエンドシステムで抽出された値をニアマッチで一致させます。
  • 履歴やリアルタイムのデータ修正と手動によるデータ入力から学習し、情報を正確にキャプチャする能力を向上できます。

Brainwareは、例外にフラグを立て、文書と一緒に検証者に提示することで、スタッフは問題のデータフィールドの修正や検証を簡単かつ迅速に実行できます。検証が完了すると、Brainwareはすぐに文書とデータを他のシステムに送信します。

4. 統合と送信

重要な情報をキャプチャし検証した後は、その情報や文書を必要とする人が簡単にアクセスできるようにすることが重要です。

Brainwareは、ERPやSISのような他のシステムと統合して、自動的に情報の受け渡しや更新を行います。 また、OnBaseのような文書やコンテンツ管理システムと直接統合して、文書画像を送信することもできます。また、関連する情報をこれらのシステムに送信して、文書のインデックス作成を自動化することもできます。

データキャプチャによるインテリジェントオートメーション

Brainwareは、文書からデータを抽出するだけではありません。データが正確であるかを自動的に検証し、組織内の適切な担当者に送信します。Brainwareは、文書が組織に入る瞬間から、知性を活用して、手作業を排除し、効率を高め、正確性を高めます。

Brainwareの性能について確認する.