コンテンツ管理

状況に応じたコンテンツの360°の全体像をいつでもどこからでも提供

 

請求書から契約書、動画ファイルまで、組織には主要プロセスのサポート、業務の遂行、お客様へのサービス提供に必要となるビジネスに不可欠な多種多様なコンテンツが存在します。 このようなコンテンツが物理的な場所や電子的な場所に散在している場合、ユーザーは貴重な時間を検索に費やすことになり、しかも最新の情報を入手しているか確認することも簡単ではありません。主要コンテンツの真価を生かすには、それを効果的に処理する必要があります。

ハイランドのコンテンツ管理機能を使用すると、組織全体から発生した重要コンテンツを整理、管理、最適化して、必要なときに必要な情報の360°の全体像をユーザーに提供できます。

コンテンツ管理機能を活用すると、以下が可能です。

  • コンテンツのフォーマットや現在の保存場所に関わらず、業務コンテンツをデジタルに操作
  • デジタルのフォルダやファイルキャビネットを活用してコンテンツを体系的に整理し、文書検索を簡素化してユーザーの生産性を向上
  • 修正版やバージョン管理を効率よく処理し、ユーザーに最新コンテンツへのアクセスを提供
  • メモ、マークアップ、電子署名を使用し、効果的なコラボレーションをサポートしてプロセスを簡素化
  • コンプライアンス向けに重要なコンテンツのアクションに対する完全な監査履歴を提供
  • 必読と必須トレーニング用の適切な文書を適切な従業員に迅速に配信します。また、進捗状況を容易に追跡でき、従業員による必読文書の内容確認も行えます。

文書や情報へのアクセスを簡素化し、タクスを完了するために必要な情報をすばやくしかも容易に検索できるようにすることで、意思決定を早めて優れたお客様サービスを提供します。

ハイランド製品スイートのコンテンツ管理: