キャプチャ

コンテンツ経路の出発点をうまく活用して、プロセスの効率を向上

情報は、さまざまな手段とさまざまな形式で組織に入ります。重要なビジネスの推進を継続するには、適切な意思決定者と処理担当者が情報を迅速かつ正確に入手する必要があります。

多くの組織にとって、これは極めて手動のプロセスです。コンテンツ管理システムを使用しない場合、文書を事務所間で輸送したり、主要システムに手動でデータ入力して人から人へEメールしたりすることを意味します。また、コンテンツ管理システムを使用する場合でも、初期プロセスが未だに極めて煩雑で多くの時間を要する場合があります。

情報を必要としている人ができるだけ迅速に情報を入手するには、情報がどこからでもどのようにでも確実に組織に入るようにする必要があります。しかも、情報はコンテンツに含まれて入ってくることもあるため、文書を操作可能なデータに変換させる必要もあります。さらに、業務プロセスの基幹システムにあるすべてのデータが入ってくる情報で更新されるようにすることも重要です。

Hylandはマルチチャンネルキャプチャ機能を提供し、組織に入った場所からコンテンツを中央のリポジトリに送り、すぐにアクセス可能にします。このプロセスを支援するため、ハイランドでは自動化したデータキャプチャ機能を提供し、すばやくかつ正確にページから直接情報を抽出して、限られた人的介入で関連システムを更新します。

このように、キャプチャは、コンテンツ経路の重要な出発点です。主要システムや必要とする人の手にコンテンツやデータが速く届くほど、従業員と全体的なプロセスがより効率的になります。あらゆるタイプのコンテンツにインテリジェントな自動化機能を備えたマルチチャネルキャプチャを活用し、入ってくる重要な情報を分類、抽出、検証します。そうすることで、最も必要とする人に迅速で簡素化したコンテンツへのアクセスを提供します。


  • ドキュメントキャプチャ: モバイルキャプチャ、大量のバッチスキャニング、MFDから直接行うキャプチャなどを含む、さまざまなキャプチャオプションで紙文書をデジタル化します。
  • 電子キャプチャ: Eメール、PDF、Office文書など、電子文書やデジタル文書をキャプチャし、他の重要なコンテンツやプロセスに自動的に接続します。
  • データキャプチャ: 重要な情報を自動的かつインテリジェントに抽出、分類、検証し、データをシームレスに基幹業務アプリケーションに転送します。

ハイランド製品スイートのキャプチャ