多量の紙書類:企業がOnBaseで<br /> 紙書類を排除して高額な移転を回避

Canal Bargeは、問題を抱えていました。同社は海運業で成長していましたが、紙書類を中心とした支払管理の重圧に耐えかねていました。システムは数十年にわたり機能していたものの、書類が事業スペースを圧迫していました。同社は文字通り、事業を運営するスペースを使い果たしていたのでした。

何かを変える必要があり、Canal Bargeは以下の3つの選択肢を考えました。 
1. さらに紙書類を保管するために高額な改修に投資する 
2. さらに紙書類を保管できる高額な拠点に移転するために不動産に投資する
3. 紙書類の排除

2013年のことでしたが、OnBaseのようなスマートな金融運用ソフトウェアが業界で話題になりました。情報システム兼ナレッジ管理の部長であるCarl Fravel氏は、壁に書かれた選択肢から、「将来が見え、不動産を節約するだけでおそらくこのプロジェクトを支払えると気付いた」と話しています。Canal BargeはOnBaseを実装して大きな効果を発揮しました。同社は、紙書類を排除し、長年使用している拠点から移転することなく、支払管理と売上管理を簡素化しました。コストを節約したのは、紙書類だけではありませんでした。他に影響を与えたものには、次が含まれます。
請求書の完全可視化:請求書をオフィス間で社内メールを介して回覧し、請求書が誰の机上にあるか確認する必要性を排除
OnBaseで自動的にキャプチャする請求書データ:手動プロセスの排除
簡単になった監査:監査人はOnBaseにログインして必要とする請求書を表示

Canal Bargeは、年間 300,000 から 500,000 枚の紙書類を排除して、すぐにプラスの利益を得ました。

流れが常に変化するビジネス環境において、OnBaseはチームメンバー、お客様、そしてオフィス拠点と同じくらい重要な長期的戦略構想にメリットをもたらすソリューションを提供します。Canal BargeにとってのOnBaseの導入は、ビジネスの拡大につながり、その導入に伴う負担もありませんでした。

詳細をご確認いただけます。