住宅ローン貸付管理ソフトウェアソリューション

法規制の変更に対応し、貸付処理コストを削減

2017年第4四半期末に開催されたフィッチ・レーティングスの回収会社の円卓会議では、「フィッチ・レーティングスの79%が、貸付パフォーマンス管理よりも規制順守を優先することに同意し、89%が規制によって貸付パフォーマンス管理がより困難になったことに同意しました」

このような厳しい規制環境の結果、貸付処理のコストが上昇し続けています。

価値と機敏性を提供する住宅ローン貸付管理システム 

ハイランドは、インテリジェントキャプチャ自動ワークフロー、外部コアシステムとの 統合 のような高度なテクノロジーを使用する住宅ローン貸付管理プラットフォームを提供しています。これにより、コンプライアンスの負担を軽減しながら、スタッフやリソースを解放してパフォーマンス管理やお客様サービスに専念できます。

多くの貸付処理ソフトウェアのポイントソリューションは、回収会社の特定タスクの支援を目的としていますが、信頼できる コンテンツサービス・プラットフォーム のみが、全般的な回収コストを削減し、利幅を拡大し、貸付パフォーマンスの維持に必要なカスタマーサービスを提供する価値と機敏性を提供します。

借り手の書類への単一アクセスポイント

ハイランドの住宅ローン貸付管理ソフトウェアを使用すると、住宅ローン書類が 単一のデジタルリポジトリ に保存されるため、コールセンターのスタッフは借り手からの問い合わせに素早く回答できます。これにより、通話時間にかかるコストを削減できるほか、多くの借り手が援助を必要とする自然災害や緊急事態による通話量の急増時でも、大きなメリットを得られます。

また、回収会社が借り手の文書や状況をオンラインで確認することができるため、コールセンターの対応件数を削減できます。このように、借り手が回収会社から正確な情報を適時に入手できれば、債務不履行が減少します。