商業貸付ソフトウェアソリューション

応答時間やサイクル時間を短縮してデジタル変革に着手

商業投資の収益が増加しているため、商業貸付機関はローン申し込みの数が増える可能性があります。これは、素晴らしいニュースです。

しかし、商業用貸付業界全体では、プロセスの近代化が遅れています。複数のビジネスサイロにまたがって繰り返される、労働集約的な紙ベースの処理が一般的です。このような状況下で、大量のローン申込書を管理するためには、より多くのリソースと追加人員が必要です。

ハイランドの商業貸付ソフトウェア は、商業貸付業者が容易に処理を拡大し、お客様サービスを向上させ、利益率を高めるようにすることで、ローンの組成と処理を合理化します。

課題に正面から取り組むハイランド商業ローンソフトウェアソリューション

10ページの申請ファイルとして始まったものが、収集、保存、さまざまなサードパーティとの共有を必要とする数百ページの文書を含むまで膨れ上がる場合があります。

社内外の情報ソースを切り替えて表計算ソフト、文書、スタンドアロンのサードパーティ製システムにデータを再入力するなど、多くの紙書類や手作業があるため、商業ローンのライフサイクルは複雑で間違いが起こりやすいのです。

ハイランドの商業貸付ソフトウェアソリューションが役立つ理由

紙書類の排除:業界をリードする インテリジェントキャプチャ が文書の形式を問わずに取り込んでデジタル化します。このソリューションでは、情報を正確に抽出し、セキュアに保存することで、文書の紛失リスクを低減させ、物理的な保管の必要性を排除します。

応答時間の短縮:取り込んだ文書は、特定の業務またはローンに関連するすべてのコンテンツを保存する仮想フォルダに配置されます。フォルダは、これまでの紙ベースのプロセスに基づいているため、ソリューションのインターフェイスは従業員にとって親しみやすく、使いやすいものとなっています。すべての商業ローンの書類に 単一のアクセスポイント を使用することで、従業員はより迅速に問い合わせに対応し、より良いお客様サービスを提供できます。

サイクルタイムの短縮:これまで時間がかかっていた手動のタスクを情報を収集して内外のソースから承認する 自動化したワークフロー に変換します。発生した問題には、即時にレビューのフラッグが付けられ、ユーザーはワークフローのステータスを完全に把握できます。

セキュアな文書共有:選択した文書は、Webやクラウドで同期と共有を行う ShareBase を介してサードパーティのサービスプロバイダなどと簡単に共有できます。アクセス権はセキュリティ上制限され、これらの関係者に表示される文書は、自身が関係するものだけです。金融業者は、この特権を監査人にも拡大しています。監査人は承認された文書を取得できるようになり、コンプライアンスが向上して、監査が容易になります。