貸付ソフトウェアソリューション

貸付プロセスを合理化し、収益を増加させ、コストを削減

米国銀行協会によると、借り手はデジタル化した貸付組成に期待していますが、多くの金融業者は、貸付商品をエンドツーエンドでデジタル管理することに苦労しています。競争の激化とデジタルに精通した消費者の増加に伴い、金融機関には、貸付プロセスとテクノロジーに対するお客様中心のアプローチが必要になっています。これは、貸付組成プロセスをスピード化し、スマートな自動化ツールを通じて効果的な貸付サービスを可能にする貸付ソフトウェアソリューションから始まります。

手作業や紙ベースの貸付申請処理は、エラーや遅延の余地を残し、貸付ライフサイクルのさまざまな段階での意思決定に影響を与えます。データや文書が接続されていないシステムに存在することは、情報格差を助長します。これにより、可視性が低下し、貸付の承認、成約、資金調達までの時間が遅くなります。 

貸付ソフトウェアソリューションを活用することで、金融機関は貸付の承認に要する時間を短縮しながら、貸付規制へのコンプライアンスを効果的に管理できます。また、貸付ソフトウェアソリューションは、データ管理に伴うリスクを低減し、効率性を高め、貸付のパフォーマンス指標を向上させることができます。貸付成約後、従業員はスムーズで透明性の高い貸付サービスプロセスによって、退屈な作業や停滞したプロセスから解放されます。その結果、借り手の満足度を高めることに、より多くの時間をかけることができます。また、運用コストの削減というメリットもあります。   

貸付ライフサイクル全体を管理する統合されたシステムは、より高い可視性と最新のデジタルプレゼンスにより、組織の競争力を高め、将来に向けた成長の道筋をつけます。

パワフルな貸付ソフトウェアソリューションで
ビジネスや消費者の要求に対応

ハイランドの コンテンツサービス・プラットフォーム は、貸付の主な機能を備えた柔軟で拡張性の高いテクノロジースイートです。

  • インテリジェントキャプチャ — さまざまなソースからの大量の文書を管理し、必要なときに必要な場所に容易にアクセスして情報を抽出できます。
  • ポイントアンドクリック 設定が可能なワークフロー — リアルタイム通知により、日常的なプロセスを自動化し、追跡し、簡単に管理できます。
  • ケース管理 — 組織全体で複合文書やリッチメディアファイルを含むコンテンツを整理、管理、最適化することで、ユーザーが必要とする情報をいつでも検索できます。 
  • リアルタイム 追跡とレポート — 継続的な改善のために、主要プロセスとワークストリームを監視、レポート、最適化して、コンテンツの可視性を提供します。
  • あらゆるLOSとの 統合 — 従業員が必要な情報を一箇所で得られるようにすることで、ビジネスプロセスを強化します。

コンテンツサービスを使用すると、金融機関は以下が可能です。

  • 組成からサービスの提供まで、貸付プロセス全体を自動化
  • 情報およびプロセスの完全な透明性
  • 複雑な規制や規制の変更にかかわらずコンプライアンスを実現
  • 迅速な借り手中心のサービス
  • リソースを増加せずに処理能力を増大
  • 貸付製品コストの削減

ハイランドの貸付処理ソリューションと 金融サービスソフトウェア の詳細については、こちらをご覧ください。