ECM で信用組合の業務を最適化する

コンテンツサービスで信用組合の業務を最適化

同時に実行される多数の取引プロセスがあり、そうしたプロセスでは、信頼性の高い コンテンツサービス・プラットフォーム とソリューションのメリットを得られます。これには、口座開設、宅配業者の管理、電子署名、不正防止、住宅ローンの追跡、電信送金などが含まれます。

信用組合は、ハイランドコンテンツサービスをこれらのプロセスの 管理 に使用してコストの削減と時間の節約に役立てました。また、部門やプロセスを超えて確認できる、単一の参照点も提供されました。組合員は、速さと精度が向上したことで、より簡単により満足する取引ができるようになりました。 

信用組合業務における口座開設と管理の一貫性の確保

紙ベースのプロセスでは、新しいビジネスの進行が遅れ、重要な情報を取得できません。ビジネスをデジタル化している信用組合でさえリスクにさらされる可能性があります。組合員のデータに電子的に アクセス できる、または文書を業務システムに取り込めることができるとしても、そのプロセスが効率的だとはいえません。 

完全自動化、電子化されたプロセスによるコスト削減を想像してみてください。

電子文書や電子プロセスを利用することで、新規口座開設や既存口座の管理をより早く、低コストで、正確に行うことができます。書類を管理するのではなく、形式にかかわらず、文書とデータをコンテンツサービス・プラットフォームで直接 キャプチャ して管理します。従業員は、必要な情報を眼の前の画面に入力するだけで済み、組合員のそばから離れることはありません。 

ハイランドのコンテンツサービスソリューションは、文書、情報、プロセスの透明性を向上させます。経営幹部やマネージャーは、重要な情報の概要を読みやすい1つの画面に表示するダッシュボードを使用して可視性を向上させ、プロセスがどのように遂行しているかリアルタイムで確認できます。 

社内外での情報共有能力を高めるだけでなく、問題の特定や、プロセスの有効性の 測定 にも役立ちます。重要業績評価指標とプロセス統計を測定することで、経営者はプロセスを最適化し、市場での競争優位を生み出します。

宅配便のコストを削減

さらにプロセスを最適化すると、署名をデジタルで取り込むことで、トランザクションあたりの全体的な処理時間を短縮し、プロセスの一貫性を高め、紙の消費量を減らし、保管コストを削減できます。コンテンツサービスを使用すれば、宅配便を利用したり、それに伴う高額なコストに悩まされることはありません。管理しやすい電子的な ワークフロー を簡単に作成し、支店と本社の間の輸送コストを排除できます。

ブランチキャプチャを利用して小切手画像をスキャンし、支店から処理サイトに直接送信することで、処理用に小切手を物理的に輸送する必要がなくなります。また、受信したすべてのメールをスキャンすると同時に、受信者の処理が必要な情報の画像や、関心があると思われる情報の画像などがあることを受信者に自動的に通知します。コンテンツサービスの使用では、信用組合は署名が必要な重要文書については週1回の発送サービスを利用すればよく、一方、原本は安全に保存されます。