信用組合向け金融調査ソフトウェア

ハイランドのカード詐欺調査ツールから簡単に重要データにアクセス

信用組合の組合員は、信用組合を信頼しています。その信頼を維持するためには、個人情報を保護することが重要です。不正行為の可能性がある状況では、迅速かつ効率的に行動することも重要です。 

非効率なスプレッドシートに依存していれば、調査に時間がかかり、統制がとれなくなって、組合員をいら立たせます。調査員には、ベーシックな Excel シートに代わるより優れた代案が必要です。彼らに必要なのは、ビジネスアプリケーション全体の情報を含む、重要な情報を効率的に整理、アクセス、接続などを実行する方法です。

ハイランドが信用組合のカード不正調査を
簡素化

金融調査ソフトウェアを使用すると、調査担当者は、カード不正調査に関連する重要なデータにアクセスし、記録し、操作できます。信頼性の高い コンテンツサービスソフトウェアソリューション を不正調査に活用することで、データ、文書、フォーム、履歴など、あらゆるケースに関連する情報の360°の全体像を社員に提供します。

適切な金融調査ソフトウェアは、ケース管理 の機能を活用して、金融機関や調査員による以下の内容を可能にします。

  • 詐欺事件のケースファイルに関する情報の入力、整理、報告を簡素化:事件に関連するあらゆるデータの全体像を表示して、従業員が よりスマートに業務 し、より価値の高いタスクに携われるようにします。

  • 複数ユーザーがケースファイルに即時かつ同時にアクセス可能:ケースアクティビティのレポートダッシュボードと監査証跡の可視性や管理を可能にして、透明性と コンプライアンス を向上させます。

  • 高度な検索機能により、異なるシステムからの情報への 容易なアクセス を実現し、調査を簡素化:すべての重要データを1つのソースで管理することで、情報サイロをなくし、時間とコストを削減します。

  • カスタマーエクスペリエンス を重視:使いやすさ、スピード、セキュリティを強化し、進化する組合員のニーズと期待に応えます。

盗難が発生した場合に迅速に解決して、組合員の不安を除く支援を行います。 

ケース管理 ツールを活用するカード不正調査ソフトウェアがどのように信用組合にメリットをもたらすか詳細をご確認ください。