銀行業務管理ソフトウェアソリューション

アカウントの作成と管理の整合性を確保

どの金融機関でも、同時に行われる数十の取引プロセスがあります。信頼性の高いコンテンツサービス・プラットフォームが作り出す効率性によって、次のような分野でメリットが得られます。口座開設、宅配便管理、電子署名、不正の軽減、業務アプリケーションとの統合、住宅ローンの追跡、電信送金の実行。

金融サービス企業は、ハイランドコンテンツサービスを利用して、これらのプロセスを複数の部門や拠点にわたって管理することで、コストを削減し、時間を節約できます。また、部門やプロセスを超えて確認できる、単一の参照点を提供します。これにより、お客様はより容易く、より満足のいく取引ができるようになります。 

適切な銀行業務管理ソフトウェアソリューションは、文書、情報、プロセスに対する透明性を高めます。経営幹部やマネージャーは、重要な情報の概要を読みやすい1つの画面に表示するダッシュボードを使用して可視性を向上させ、プロセスがどのように機能しているかをリアルタイムで確認できます。 

社内外での情報共有能力を高めるだけでなく、問題の特定や、プロセスの有効性の 測定 にも役立ちます。重要業績評価指標とプロセス統計を測定することで、経営者はプロセスを最適化し、市場での競争優位を生み出します。

アカウントの作成と管理の整合性を確保 

紙ベースのプロセスは、新しいビジネスの進行を遅らせるとともに、重要な情報を取得できません。しかも、デジタルビジネスを行う銀行でさえも、ビジネスの遅れのリスクにさらされる可能性があります。お客様データに電子的に アクセス し、文書をスキャンして業務システムに取り込めるとしても、そのプロセスが効率的であるとは限りません。

新しい口座の開設時や既存口座の管理時の書類管理に代わり、元の形式にかかわらず、データをコンテンツサービスソリューションに直接 キャプチャ するだけで済みます。従業員は、使い慣れたアプリケーションを閉じることなく、必要な情報を入力して署名をデジタルにキャプチャできます。つまり、従業員がお客様から離れず、お客様をお待たせすることもないのです。

適切な銀行業務管理ソリューションでは、以下が可能です。

  • 精度を高めながら、トランザクションあたりの全体的な処理時間を短縮 
  • プロセスで一貫性を保つ 
  • 可視性と透明性の向上 
  • 不正行為からの保護とリスクの軽減 
  • ストレートスルー処理の実現と電子署名の活用によるスピードアップ

こうした最適化は、予算に応じて部門ごとに、または 企業全体 で展開できます。