コンテンツサービスでカスタマー
エクスペリエンスを変革

類まれな体験は、お客様が決して見ることのないプロセスから始まります。従業員がどこにいてもよりよい、正しい決定を行うよう、リアルタイムの情報にアクセスできれば、優れたサービスを提供できます。 エラーを回避し、時間を節約することで、業務に知識を生かす十分な時間を取ってお客様を喜ばせることができます。正確なデータキャプチャやプロセスの加速化からセキュアなコラボレーションや記録管理の自動化まで、コンテンツサービスは、限りない可能性を提供して組織力を強化します。

すべての基幹業務システムと連携するコンテンツサービスプラットフォームを利用してデジタルトランスフォーメーションを推進することで、情報の混乱を抑え、最終的によりよい顧客サービスを提供できます。

「2/3以上の企業が、クラウドコンピューティング、モバイルアプリやデバイスの利用増加、自動化、カスタマーエンパワメントなどのトレンドによって、コンテンツ管理アプローチを「完全に」から「大幅に」進化させたと報告しています。機敏性と柔軟性が要求される環境において、デジタルトランスフォーメーションに対応するには、レガシーECMスイートでは不十分です。そうした中で、一部の組織は、近代化のためにコンテンツサービスアプローチに踏み切りました」

Gartner Magic Quadrant for Content Services Platforms

コンテンツサービスプラットフォームで探すべき内容とは? 重要な機能とガートナー社がハイランドをリーダーとして選定した理由についてご確認いただけます。