ECMを使用する理由

エンタープライズコンテンツ管理が今日のビジネスプロセスで上位に挙げられる課題解決する方法

過剰な量の紙文書や非構造化情報の扱いが原因で、情報の処理、利用、保存におけるボトルネックが生じ、大きな業務上の課題となっています。このような問題を認識した企業の多くは、解決策として戦略的なエンタープライズコンテンツマ管理(ECM)ソリューションの導入が必要だと結論しています。

では、どんな例が考えられるでしょうか?

住宅ローンの元のファイルを見てみましょう。 そのファイルには、追跡すべきことがたくさんあります。 フォーム、署名、銀行取引明細書、または公証がない場合、手続きが完了するまでの時間が長くなります。ECMを使用すると、文書のステータスを管理し、文書を必要とするユーザーが即時にアクセスできるようにし、個人を特定する情報を安全かつセキュアに維持できます。

では、最も大きな課題とは何でしょうか?

まず、お客様から寄せられる最も一般的な6つの問題に焦点を当てます。これらのうち少なくとも1つは該当するものがあるのではないでしょうか。

法規制コンプライアンス

周到に設計されたハイランドソフトウェアのエンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソリューションOnBaseは、次のような方法で法規制コンプライアンスに関する懸念を解消し、監査を円滑化します。

文書管理

文書管理とバージョンや修正版管理を実現するエンタープライズコンテンツ管理ソリューションを使用すると、重要な文書を管理できない事態は過去のものとなります。

従業員の生産性

従業員のタスクの多くは、紙文書を担当者から担当者へと引き継ぐ作業が伴います。スマートなECMソリューションは、従業員が紙文書を次のプロセスに移行させる以上の付加価値の高い業務を遂行できるようにします。

情報の追跡

スマートなECMソリューションは、文書を作成した時点から破棄するまで、セキュアで総合的な文書管理を実現します。文書は、一元管理され、検索可能で、自動的に適切なアカウントに紐付けされます。

ビジネスプロセスの迅速化

戦略的なECMソリューションは、ビジネスプロセスを合理化するとともに、組織の特定のニーズに柔軟に対応できなければなりません。

多すぎる紙文書の量

履歴書、領収書、作業発注書、請求書などの多すぎる紙文書は、失うことのできない時間やリソースを消費します。