ECMソフトウェアでエンタープライズコンテンツを管理

情報の保存とビジネスプロセスの自動化に優れたソリューション

エンタープライズコンテンツ管理(ECM)は、業務プロセスに関連する文書やデータのキャプチャ、管理、格納、保存、および配信するためのビジネス戦略です。
ECMには、以下が含まれますが、これらに限りません。

エンタープライズコンテンツ管理は、データタイプの多様化に伴って進化しています。現在では、次のような自動管理化したも含まれます。

  • 構造化した情報(データ)
  • 構造化していない情報(メモ、各種関係資料)
  • 半構造化した情報(請求書、注文書、領収書)

組織がECMプラットフォームからメリットを得る方法

ECMソリューションは、ビジネスにインフォーメーションストアを整理して最大限活用する手段を提供します。こうしたメリットは、以下の方法で得られます。

  • 文書の作成と取り込みから排除と破棄までのライフサイクルのすべてを管理
  • 紙文書とそれに関連するコストの削減(印刷、保管、検索)
  • 修正者の特定を含め、文書変更を追跡して版管理と履歴を有効化
  • ステータスを確認し、問題を解決してリクエストを完了するための最新のレコードと情報へのリアルタイムの可視化をユーザーに提供
  • レポートと監査でコンプライアンスを促進

エンタープライズコンテンツ管理を超えたソリューションの利用

エンタープライズ情報プラットフォーム は、初期段階から文書のライフサイクルを通じてコンテンを管理するだけでなく、次のような標準的なECMソフトウェア機能をはるかに超える機能も提供します。

業界をリードするエンタープライズコンテンツ管理のベストプラクティスとメリットについては こちら からお問い合せください。