競争力の維持:競争優位性の獲得

ECMで企業の競争力を高める5つの方法

紙文書だけの問題ではありません。Eメール、フォーム、レポート、文書中心のプロセスなど、ほぼすべての組織がその管理に苦慮しています。こうした理由から、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)を効果的に使用すると、競合他社との差別化を図ることができます。どのような情報を所有し、それらがどこにあり、どのように活用できるかを把握することで、以下の効果を得られます。

1. 収益性を改善し市場シェアを拡大
即時により多くの情報を入手して効率良く活用すると、顧客対応のスピードと質が大きく向上します。その結果、高い投資回収率を実現し、企業の競争力を高めることが可能です。

2. より迅速な顧客サービスの提供
たとえば「ヘルシンキの現地時間」という検索すると、わずか0.2秒以下で5千800万件の回答が得られます。同様にすべてのコンテンツを一元管理することで、顧客の問い合わせ電話や新しい引き合いに対し、即時にかつ周到に回答できます。これが競合力の維持につながります。

3. その他のIT投資を最大限に活用
多くの時間と予算を既存のアプリケーションにかけることはよくありますが、ECMは投資を無駄にすることなく既存のアプリケーションを一層強化します。ユーザーが日々使用するアプリケーション内で、ボタンをクリックして関連文書を表示する場合、OnBaseにアクセスするという感覚はなく、既存のシステムで新機能を使用していると思うことが一般的です。

4. より良い意思決定を実現
ユーザーが情報を入手するために、フォルダ、共有ファイル、複数のアプリケーションを探し回るようでは、競合他社よりも迅速で的確な意思決定を行うことはできません。強力なECMは、ERP、Microsoft® Officeツール、業務ソフトウェアなど、ユーザーが必要とする場所から最適なタイミングでコンテンツを提供します。

5. リスクを最小化
企業のコンテンツを、セキュリティ侵害やコンプライアンス不履行に起因する罰金の支払といったリスクから保護することが重要です。セキュアで監査可能なECMソリューションにコンテンツを保存することで、これらのリスクを回避できます。