保存

背後で自動的に実行するデータの冗長性と保有ポリシーを低コストで実現

理想的なECMソリューションを使用すると、以下のメリットが得られます。
  • コンテンツのセキュリティを確保:ECMソリューションでは、既存のActive DirectoryとLDAPセキュリティ構造を活用できることが重要です。また、https接続やNTFS共有におけるファイルレベルの暗号化を活用して、データのセキュリティを更に万全なものにする必要があります。

  • 確実にコンテンツを保護: オンラインの冗長性を活用するために高価なストレージデバイスを購入する必要はありません。ECMソリューションでは、ファイルをネットワークで参照可能な各種共有ファイルに保存して、既存のインフラストラクチャを有効に活用できなければなりません。さらに、すべての文書の複数の電子コピーが複数のサーバーや保存場所にまたがって提供される必要があります。

  • コンテンツを破棄:文書は、法で定められた保有要件に基づいて削除する必要がある場合があります。ECMソリューションでは、そのような法的要件に対応できることが重要となります。コンテンツを一元的に管理すると、コンテンツの保有期間を効果的に管理できるという利点があります。さらに、ECMソリューションが保有計画を容易に実施できるものであるか確認してください。