文書キャプチャソフトウェア

ビジネスの仕方を改善

文書キャプチャソフトウェアとは?

今日、組織では多数の場所から、非常に多くの形式の文書を受け取っています。それを、追跡することはほとんど不可能です。しかも、多くの組織では、紙文書と電子文書が混在しています。

文書キャプチャソフトウェアは、 スキャン、インポート、統合 機能を組み合わせて、入ってくる文書を一元管理するデジタルリポジトリに キャプチャ します。

文書キャプチャを導入するメリット

文書キャプチャソフトウェアをコンテンツ管理システムと組み合わせると、次のようなさまざまな方法でビジネスの仕方を向上できます。

簡素化された文書追跡 - 文書をデジタル化してコンテンツ管理システムに配置すると、すべての変更を含め、文書上のあらゆる作業を追跡できます。

容易なコラボレーション - 必要なすべての情報を1か所で検索できれば、関係者は、同じ最新情報を一度に処理してコラボレーションが容易になります。

カスタマーサービスの向上 - お客様に対応するスタッフは、情報が即座に一元管理された場所でキャプチャされるため、必要な情報に容易にアクセスできます。

OnBase文書キャプチャソフトウェアによる、組織のプロセスのデジタル化

OnBaseは、手動によるデータ入力を減少させ、キャプチャプロセスを高速化するための自動データキャプチャ機能を提供します。OnBaseでは、スキャン済みの紙文書や電子文書など、さまざまなコンテンツ 形式をキャプチャできます。また、次のような電子システムだけでなく、スキャンデバイスとも直接統合できます。

また、スキャンデバイスだけでなく、電子メール、Microsoft Office、その他のバックエンドシステムなどの電子システムとの直接統合により、OnBaseへの文書のキャプチャをシンプルかつシームレスにします。

OnBaseではモバイル文書キャプチャへのアクセスが提供されます。ユーザーが文書の画像を撮影でき、ソフトウェアによって自動的に品質が向上します。

これらの 文書キャプチャ 機能はコンテンツ管理、ケース管理、自動化されたワークフローを提供する同じプラットフォーム上で使用でき、デジタル化と一元的なアクセスを通じてプロセスを向上できます。

文書キャプチャ について確認する。