データキャプチャとは?

自動データキャプチャソリューション

データキャプチャ、または 電子データキャプチャ は、文書から情報を抽出してコンピューターで読み取れるデータに変換するプロセスです。

より一般的には、データキャプチャとは、紙文書または電子文書のどちらから入手しても関連する情報を収集することを指す場合もあります。 光学式文字認識 は、スキャンした文書またはデジタル化した文書(領収書、契約書、書籍など)からテキストを抽出し、その結果をデータに変換して編集および処理することを含む、データキャプチャの構成要素でもあります。

自動データキャプチャソリューションを使用する理由

自動データキャプチャソリューションは、必要な手動のデータ入力の量を減少させ、コストを削減し、特定のビジネスプロセスや組織のプロセスにおけるコンテンツの利用を迅速化します。

データキャプチャとエンタープライズ情報プラットフォームを組み合わせるメリット

データキャプチャ機能を備えた単一の エンタープライズ情報プラットフォーム を採用することで、企業は以下が可能です。

  • コストの削減
  • プロセスの加速化
  • お客様サービスの向上
  • 単一システムの維持とサポート

また、接続したシステムでは、次の方法が取られるため、従業員が正確な情報にアクセスできます。

  • 文書を電子的に識別して分類する
  • 文書からデータをキャプチャする
  • ユーザーは、必要な情報以外閲覧できない
  • 検索と取得を容易にするデータのインデックス作成
  • データの検証

これにより、従業員は必要なときに最新の正確な情報を入手でき、複数のシステムでの余分な操作を回避でき、従業員は、より高度なレベルのタスクや顧客サービスに集中できます。

プラットフォームのコンテンツ管理、プロセスの自動化、ワークフロー機能とともに使用すると、文書ライフサイクルの任意の時点でキャプチャプロセスを実行するように設定してプロセスを最適化することができます。

データキャプチャとエンタープライズ情報プラットフォームについては こちら からお問い合わせください。