OCRソリューション

ビジネルプロセスの革新

光学式文字認識(OCR)は、文書上の機械印刷テキストを読む取る技術です。特に、 自動文書分類と自動 データキャプチャソリューション で使用されます。これらのソリューションは、手動による文書の分類や手動でのデータ入力の必要性を軽減し、OCRを使用して文書を「読み取り」、文書を特定し、ビジネスプロセス内で抽出するデータを決定します。

コンテンツまたは情報管理システムと統合すると、組織、特に手動による文書の分類やデータ入力に専念するスタッフを抱える組織に多大なメリットをもたらします。

エンタープライズOCRソリューションの一般的な例

  • 請求書処理におけるフォーム処理
  • 送金と小切手処理
  • 住宅ローン処理
  • 保険給付明細処理
  • 成績証明書処理
  • 保険金支払処理

OCRソフトウェアが組織にメリットをもたらす理由

OCRソリューションを実装すると、ビジネスプロセスに真の変革がもたらされ、当初の投資から短期間で大幅な利益を得ることができます。OCR実装後には、次のような顕著な変更点があります。

  • プロセス速度の向上: 手作業の量を削減し、自動化を実施することで、プロセスを即時に高速化します。
  • 労働力の最適化: 必要な手作業の量を削減し、データ入力に専念するスタッフを組織のより価値の高いタスクに再配置できます。
  • コスト削減: このソリューションでは、手動でのデータ入力と文書の分類に関連する人件費が削減されます。ビジネスの需要が高まるにつれて技術が成長し、スタッフを追加する必要がなくなります。

エンタープライズOCRソリューションが日々のビジネスプロセスを向上させる理由

OnBase OCRソリューションは、前述のメリットを提供するだけでなく、部門や業界全体にわたってメリットを提供します。OnBase OCRソリューションには、次が含まれます。

  • テンプレートキャプチャソリューション: スタッフは、各文書のテンプレートを簡単に設定して、特定の値を探す場所をソフトウェアに認知させることができます。
  • インテリジェントキャプチャソリューション 実装すると、ソフトウェアは自動的に各文書の重要なデータを検出して抽出します。 これにより、特定の文書とプロセスに対してソリューションを構築できます。また、変更が発生するたびに簡単に修正できます。

OCRソリューションの詳細は こちら をご確認ください。