コンテンツサービスとは?

コンテンツサービスのメリットについて知る

今日、組織は、一体型の文書リポジトリを脱却して複数のリポジトリ間にまたがるコンテンツを集約し異なるアプリケーションを接続できるコンテンツサービス・プラットフォームを採用しいます。

コンテンツサービスとは?調査とコンサルティングの大手企業であるガートナー社は、自己完結型のシステムとリポジトリからオープンなサービスへの移行を表す言葉としてこの用語を作りました。

ハイランドでは、この進化は、コンテンツが組織全体でどのように作成され、どこで使用され、共有されるかについての期待の変化にも対応していると考えています。

コンテンツサービスとは?

ECMからコンテンツサービスへの移行に伴い、ガートナー社が自社のレポート What You Need to Know About Content Services Platforms で新しい市場定義を発表しました。

コンテンツサービスはサービスとマイクロサービスのセットであり、統合された製品スイートとして、または共通のAPIとリポジトリを共有する個別のアプリケーションとして具体化され、多様なコンテンツタイプを活用し、組織全体で複数の分野と多数の用途に対応します。

ガートナー社のレポートでは、コンテンツ管理、コラボレーション、普及の実践は、すべての関係者 (ユーザー、システム、アプリケーション) によるコンテンツ使用を調整する一連のサービスを通じて実現するのが最適であるとも報告しています。

コンテンツサービスの要素

ガートナー社のレポートによると、コンテンツサービスは、プラットフォーム、アプリケーション、コンポーネントで構成されています。

  • コンテンツサービス・プラットフォーム: ガートナー社のレポートによると、コンテンツサービス・プラットフォームは、コンテンツ管理、ガバナンス、処理に重点を置いたECMスイートの進化を表しています。レポートによれば、コンテンツサービス・プラットフォームは独自のリポジトリを持ち、コネクタとAPIまたはパッケージ化された統合を通じて外部リポジトリを統合することもできます。コンテンツサービス・プラットフォームのプロバイダーは、一般的なコンテンツの用途をサポートするコンテンツ関連サービス、マイクロサービス、リポジトリ、およびツールの統合セットを提供します。プラットフォームで利用可能な一般的なサービスには、 文書管理 、検索、インデックス作成、分類、 キャプチャ 、バージョン管理、ワークフロー、 記録管理 、コンテンツ分析などがあります。
  • コンテンツサービスアプリーションガートナー社のレポートによると、コンテンツサービスアプリケーションは、 ビジネスソリューションにフォーカスした 機能を提供します。ハイランドでは、人事オンボーディング、法的契約書管理、保険金請求管理などがその例だと考えています。
  • コンテンツサービスコンポーネントガートナー社のレポートによると、コンテンツサービスのコンポーネントは、既存のアプリケーションやプラットフォームに機能を追加するユーティリティベースのサービスだと説明されています。たとえば、ハイランドでは、組織が英語をスペイン語に翻訳するサービスコンポーネントや、コンテンツを分析して自動的にタグ付けするアプリケーションを活用できることだと考えています。

コンテンツサービス: 進化する風景

ECMからコンテンツサービスへの移行は、企業全体のコンテンツのストレージに焦点を当てることから、組織内外の個人やチームによるコンテンツの積極的な使用への移行を意味します。

この業界の発展とこの分野の主要企業の詳細については、 ガートナー社のコンテンツサービス・プラットフォームのマジック・クアドラント をダウンロードしてご確認いただけます。

出典: Gartner Magic Quadrant for Content Services Platforms, Karen A. Hobert, Michael Woodbridge, Joe Mariano, Gavin Tay, 5October 2017. Gartner What You Need to Know About Content Services Platforms, Karen M. Shegda, Karen A. Hobert, Michael Woodbridge, Monica Basso, Mick MacComascaigh, 3 April 2017.

ガートナー社は、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。 ガートナー社は、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。