Brainware 送金処理

請求書の支払いを数日または数時間ではなく数秒で調整

小切手や付随する送金伝票から自動的にデータを抽出し、社内請求データとハンズフリーで照合します。支払いは、迅速かつ正確に適用され、ユーザーが支払いに対する顧客からのクレームなどをすばやく検出して分析できます。手入力の減少が精度や効率の大幅な改善につながるため、サプライチェーンの追跡やお客様が直面しているニーズに取り組むなど、戦略的な活動に時間を費やすことができます。

さらに、サイクルタイムのスピード化により、ほぼリアルタイムで債権状況を把握できるため、より多くの情報に基づいた財務上の決定を行えます。受領から調整、誰がいつ何をしたかといった完全な追跡まで、送金処理に対する全体的な洞察を得られます。

このキャプチャ技術は、送金明細書が複数ページ、複数テーブルを含む複雑なものであってもデータを数秒足らずで引き出せるように設計されています。

Brainware送金処理のメリット

  • 多種多様な言語・通貨記号が使用されているスキャン、Eメール、ファックスなどのあらゆるソース、TIFF、PDF、DOC、XLSなど任意のフォーマットなど、あらゆるレイアウトの送金書類を処理
  • 支払人が送金時に請求書を紐付けしている場合でも、ストレート・スルー・プロセッシングを促進
  • テンプレート、キーワード、スクリプトルールを使用することなく、フィールドや行のデータを抽出
  • 分散した支店やロックボックスから受け取る書類を含め、文書や小切手のキャプチャをサポート
  • 業務プロセスを中断させることなく、データ管理システム(DMS)、エンタープライズリソースプランニング(ERP)、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)など、さまざまなシステムと連携