データキャプチャソフトウェア

データを自動的に抽出、分類、検証

組織には、信じがたい速さとめまいがするほどの数のフォーマットで情報が入ってきます。手作業による文書分類とデータ入力だけで、大量の文書を処理しようとするのは、不可能に近いと言えます。 こうした理由から、多くの組織がデータキャプチャソリューションに注目しています。
データキャプチャシステムは、重要なビジネス文書を自動的に分類し、重要な情報を抽出・検証して基幹業務システムを更新します。そうすることで、文書処理を取り巻く手作業を削減し、以下のようなメリットを生み出すことができます。

  • 自動化によりビジネスプロセスを加速化
  • 最新情報に瞬時にアクセスしてサービスを向上
  • スタッフがより価値の高い業務に専念する時間が増加

 

データキャプチャツールキット

データキャプチャソフトウェアは、さまざまなツールを活用して、ビジネスの原動力となる重要な情報を正確に特定し、抽出することができます。次はその例です。 

 
データキャプチャソフトウェアは、さまざまなツールを活用して、ビジネスの原動力となる重要な情報を正確に特定し、抽出することができます。次はその例です。


これらのデータ抽出ツールを活用することで、組織全体の効率が向上し、プロセスが加速します。このツールは、進化するビジネスニーズに対応するために必要な柔軟性と拡張性を備えており、組織に必要な競争力をもたらします。手作業による文書の仕分けや手作業によるデータ入力がボトルネックになっている場合でも、データキャプチャソフトウェアをさまざまなビジネスプロセスに適用することができます。


将来を見据えてデジタルトランスフォーメーション戦略を講じる際には、すべてのプロセスの最初の重要なステップが情報キャプチャであることを念頭に置いてください。データキャプチャ技術を活用すると、最初から不要な手作業を排除することができます。

データキャプチャプロセスの詳細をご確認いただけます。