手作業によるインデックス作業を削減・排除

文書のキャプチャは、最初のステップに過ぎません。すべての受信コンテンツは、効果的に処理したり、保存したりするために分類し、インデックスを作成する必要があります。言い換えると、システムは文書がどのような文書(履歴書、請求書など)なのかを識別し、後日の文書検索に使用する情報(顧客名、会社名、日付など)を選択する必要があります。
文書のスキャンは数秒ですむ一方で、インデックスの作成は、1つの文書につき数分かかることもあります。多くの場合、担当者が各文書を見て検索条件を決定し、手動でシステムに入力しなければなりません。まったくボトルネックだらけの状態です。
また、これらの値が正確であることが不可欠で、正確でない場合は文書を間違ってファイルし、その後のビジネスプロセスを遅らせる可能性があります。
文書にインデックスを作成して、その値の精度を確認する時間は、プロセス全体において最もコストのかかる部分になる可能性があります。
手作業のインデックス作成に関連するコストを削減するため、ハイランドでは手動によるインデックス作成を完全に削減または排除するようにハイランドソリューションを特別に設計しています。

バーコード認識サーバー

スキルの高いスタッフでも、手作業による文書のインデックス作業は相当な労力を要し、コストがかかり、ミスを起こしやすいものです。
ハイランドソリューションはバーコードを使用して、組織のスキャンしたビジネス文書を自動的に分離、分類、インデックス作成などが可能なため、手動でのデータ入力やユーザーによるエラーを削減できます。

バーコードジェネレーター

手動のデータ入力に何時間もかけることなく、スキャンした文書を分類してインデックスを作成する必要がありますか?業務システムから直接、ワンクリックでインデックス作成に必要なすべての情報を正確にキャプチャしたいとお考えですか?

ハイランドソリューションは、バーコードのカバーシートを作成することで、手動による再入力のコストと遅延を大幅に削減します。データ入力のエラーがなくなり、ビジネスプロセスのサイクルが加速します。

オートフィルキーワードセット

プロセスでいくつかのインデックス値を手動で入力する必要がある場合でも、オートフィルキーワードセットを使用することで、文書のインデックス作成にかかる時間を大幅に短縮することができます。一人のお客様に複数の関連文書がある場合など、似たようなキーワード値を持つ文書が見つかることがよくあります。各文書は、お客様ID、名前、郵便番号、電話番号などの類似したインデックス値を共有している場合があります。

これらの値をシステムに入力すると、ハイランドソリューションでは、後続の文書のインデックス作成プロセスで再利用できます。同じ値を何度も入力する代わりに、最初のユニークな値を入力するだけで、ソリューションが自動的に残りの値を入力します。