必要に応じて行う少量スキャン

高速で効率的な文書キャプチャオプション

組織が受け取るすべての文書が、中央で実行するバッチスキャニングに適切ではありません。受付でも、従業員個人のワークステーションでも、部署内のMFPデバイスでも、ハイランドソリューションは、それぞれのニーズに合わせた多数のオプションを提供しています。


文書をデスクから中央のスキャン部門まで運ぶために時間がかかれば、処理が遅くなります。したがって、最初の受信時に文書をキャプチャすることが目標となります。ハイランドソリューションは、ScanSnap、HP、Xerox、京セラ、コニカミノルタなどの多くの共有スキャン機器と直接統合されています。これにより、一箇所で集中してスキャンすることで生じる制約を取り除くことができます。インデックスの作成も簡単で、ボタンを1回クリックするだけで作成できます。これは、時々しか使用しないユーザー向けに特別に作った、設計可能なインデックスインターフェイスによるものです。

ハイランドソリューションは、フロントオフィスの登録担当者が、お客様のIDカード、申請書、保険の証明書をソースからキャプチャできるようにし、スタッフの効率を高め、お客様サービスを向上させます。使用中の業務アプリケーションから直接スキャンして分類し、画面上のお客様情報を再利用してインデックスを作成します。すべての文書がキャプチャされるため、プロセスでハイランドの データキャプチャ機能 を最大限に活用して、手作業を削減し、キャプチャをさらに高速化することができます。

ハイランド文書スキャニングソリューション について確認する