2008年の大不況以来、住宅ローン回収会社 にとって、余波の中で生じた複雑な規制や経済環境を乗り越えることは容易ではありませんでした。10年を経過した今でも、全体的な回復にはばらつきがあり、一部の専門家は再び問題が発生すると見ています。

一方で、良いニュースもあります。劇的な変化によって、新しいより効果的なビジネスプロセスへの扉は大きく開かれ、デジタルツールやイノベーションを採用している住宅ローン回収会社は、これまで以上に成長の機会を得ています。Ellie Mae の取締役副社長である Joe Tyrell 氏は、「この新しい世代の住宅購入者は、これまで以上に多様化し、教育水準も高いため、高性能なテクノロジーと自動化の両方を期待しているだけでなく、金融業者との個人的な連絡も増えています」と述べています。

あらゆるサービス提供者に対してより優れたパフォーマンスを求める若い世代の住宅購入者に後押しされ、従来の貸付は商品とみなされるようになりました。代わりに、住宅ローン貸付管理は、プロセス中心で法律主義的なものから、より人間中心でパーソナライズされたものへと進化しています。 

住宅ローン回収会社は競争力を維持するために、市場がどのように変化しているかを理解し、お客様との関係を改善することがビジネス上不可欠だと理解する必要があります。

では、進化を実現する方法とは?「住宅ローン貸付管理の技術革命」をダウンロードしてご確認さい。

 

フォームを入力して
ダウンロードする

*このフォームを送信すると、ハイランドからEメールが届きます。個人情報保護方針に関する詳細は privacy policy をご覧ください。