インテリジェントオートメーション(IA)は、組織のデジタルトランスフォーメーションを推進する重要な要素です。担当者は、時間のかかる手作業や反復的業務が排除されるため、価値の高い業務に集中できます。その結果、効率が向上し、エラーリスクが減少し、お客様との関係が改善されます。

しかし、従業員だけでなく、利益にも貢献する形でIAを導入するには、最高水準のコンテンツサービスから、RPAを含む高度なプロセスオートメーションまで、さまざまな機能を備えたテクノロジーへの投資が必要です。




では、組織がRPAの成功を阻む理由は何でしょうか?

20年におよぶBPMの導入にもかかわらず、プロセスの完全な自動化は、ルールというよりもむしろ例外です。およそ3分の2の企業が、特定のコアバックエンドプロセスの自動化率は50%未満だと回答している」とAIIMは発表しています。

それはなぜなのでしょうか?その理由は、組織に入ってくる情報の多くが構造化されていないからです。RPAテクノロジー自体は、構造化された情報やデータに基づいた人間のタスクを自動化するという、非常に控えめな努力で良い仕事をしています。でも、半構造化文書(請求書など)や非構造化文書(契約書など)、非公式なコミュニケーション(Eメールやテキストなど)に依存するタスクになると、RPAエンジンは多くの文書や非構造化情報を扱うプロセスで苦戦します。

ただし、組織が非構造化情報を構造化された使用可能なデータに変換する、より大きな インテリジェントオートメーション フレームワークの一部としてRPAを使用している場合は別です。

ディスカバーハイランドeBook

ハイランドRPAは、プロセスオートメーションの優れた点を、最先端のコンテンツサービスプラットフォームに統合します。これによって、エンドツーエンドのインテリジェントオートメーションにおける最大の障害である非構造化情報が排除されます。組織に入ってくるデータをキャプチャし整理することで、IAの取り組みがまったく新しいレベルの効率と効果を発揮します。


RPAを成功させるゲートウェイを見つける

ハイランドでは、インテリジェントオートメーションの取組みでロボティック・プロセス・オートメーションがいかに重要か理解しています。ハイランドRPAは、プロセス分析からボット管理まで、RPAテクノロジーの完全な自動化の可能性を実現するために組織が必要とする機能をすべて備えた、包括的なRPA製品です。


ハイランドRPAの概要を入手する


RPAで成功する:適切なテクノロジーと適正な出発点から始める

RPAのようなIAツールが注目されているにもかかわらず、多くの組織では、どこに目標を置いて自動化を進めるべきか、判断に迷っています。しかし、優柔不断になっていてはいけません。自動化の対象になりやすく、成功しやすいプロセスがあり、それが組織におけるRPAの最適な出発点になります。

プロセスオートメーションの道を開く

RPAに最適な出発点を見つける

チェックリストを確認する

組織における自動化の最適な出発点が決まれば、次のステップは適切なソリューションの選定です。しかし、ますます多様化するRPA市場において、ベンダーに何を求めるべきかを理解することは容易いことではありません。

このForresterホワイトペーパーでは、Forrester Researchの副社長兼主席アナリストであるCraig LeClair氏が、RPAの未来を決定づける7つの特長と革新的な技術を紹介しています。

「RPAは、タスクの自動化と従業員の生産性を超えて、業務とデジタルトランスフォーメーションの未来を推進するエンドツーエンドの自動化に焦点を当てるときに、評価と同等の価値に達します」とLeClair氏はレポートの中で述べています。


Forresterホワイトペーパーをダウンロードする

強固なインテリジェントオートメーション戦略の一部としてRPAを展開することの意味とは

  • 効率と精度を向上させます。反復するルールベースのタスクを自動化し、ビジネスサイクルの加速化とエラーの減少を実現します。
  • 従業員の満足とエクスペリエンスを向上させます。反復する退屈なタスクはボットが引き受けるため、従業員は、価値の高いビジネス活動に集中できます。
  • セキュリティとコンプライアンスを向上させます。人手を煩わせることなく機密データにアクセスして処理する機能によって、機密データの露出リスクを削減し、防御的な監査証跡や証拠保全を可能にします。






デジタルワーカーを取り入れる準備はできていますか?

今すぐハイランドRPAチームに問い合わせる.